アンバサダー

 

杣の各製品における企画開発段階から協力していただいているアンバサダー。製品企画はもちろん、修正・改善ポイントなど実際の使用感を経た貴重な意見をもとに、今後も新しい製品を続々リリースしていく予定です。 

栗田宏武(Hiromu Kurita)

チェンソーカーバー

千葉県市原市にて香亜奈工房を展開。チェンソーカーバーとして、国内有数のログビルダーでもあるともに、「チェトウインド インターナショナル チェンソーカービング チャンピオンシップ 」にて3連覇を達成するなど、
世界的に活躍。全日本チェンソーアート協会副会長。市原市観光大使も務め、市原自然楽校などチェンソーアートを通じてその魅力を発信するとともに、地域貢献にも精力的に活動する。

主な出演番組

主な著書


市原自然楽校: http://www.ichiharasen.jp/wp/headmaster

松澤幸雄(Yukio Matsuzawa)

長野森林組合

長野森林組合長野支所所属。搬出間伐をメインに班長を務め、組合内では仕事が丁寧かつ早いと評判のベテラン。祖父も山仕事に携わり、その環境の中で山で遊び、山に育てられた。年間250日以上も山に入って作業に従事する。


長野森林組合:http://park23.wakwak.com/~nagano-sinkumi/

田中豊(Yutaka Tanaka)

大田原市森林組合

15年前に林業に興味を持ちアイターンで栃木県に移住。造林作業・素材性産業・ロープ樹上作業など林業全般の仕事に従事する。2012年よりロープ樹上作業に魅せられてアーボリストトレーニング研究所(ATI)にてツリークライミングを含めた樹上作業を勉強中。
ツリーケアなどを目的とした樹木職人の国際組織であるISAにてツリーワーカースペシャリスト資格を取得。

今井陽樹(Hinoki Imai)

ひのきや代表

20歳の時にスノーボードをするためにカナダへ移住。現地での生活の中、山の素晴らしさに改めて魅せられ、帰国後に山仕事に就こうと決意。2014年のWLC日本代表としてスイス大会に参加。日本人最高位の成績を残す。2018年のWLCノルウェー大会に向けて代表入りすべく意欲を燃やす。「ひのきや」代表として山仕事・伐採・講習会・デモンストレーション・レクリエーション・クライミングなど地域のつながりを大切にして精力的に活動する。OLC主催。